排熱利用によるエコ活動

工場、発電所などの巨大設備の多くは熱を発生させる装置、システムがあります。
例えばボイラー設備がその代表です。
熱はエネルギーです。
何かを燃やすことでエネルギーが発生しており、石油、石炭、重油、天然ガスなど化石燃料を燃やしています。

ボイラー設備においては都市ガス、石炭などを燃やして、水を蒸気にさせますが、燃やしたエネルギーは100パーセント水に移動するのではありませんし、利用した蒸気は高温の水となりますが、そのまま捨ててしまうケースもあります。

知って納得の排熱利用に関する情報をすばやく探せます。

熱した物体はエネルギーがつまっています。



石炭、石油などの化石燃料を捨てているようなものなのです。



工場にとっては熱を利用したのですが、捨てているのは損失でしかありません。


その熱を利用するのが排熱利用です。
排熱利用の基本的な考えは、捨ててしまう熱エネルギーを再生させることです。

例えば、捨てる熱を利用して次に温める物体の余熱として利用したり、部屋の暖房などに利用します。排熱利用によるメリットはエネルギーの有効活用です。捨ててしまう熱エネルギーを再利用することで、化石燃料の使用量を減らします。

目に見える形として、電気代、ガス代、石油代などに見えてくるでしょう。日本には多くの工場で熱源があります。
まだまだ捨てているエネルギーがあります。

排熱利用することで工場の燃料代節約だけでなく、化石燃料の削減、排出ガスの削減にも役立ち、地球環境保全という大きなエコ活動に役立ちます。