デスケーラーの利用法と選び方について

デスケーラーは工場等において冷却水や下水の配管の中を洗浄するために非常に重要なものですが、その使い方を誤ると大きなトラブルを起こしてしまうこともあるので十分な注意が必要です。

有名なデスケーラーに関する情報が幅広く集まります。

そのため用途に合わせてその種類を選び適切な使い方をすることが重要です。

誤った使い方をしてしまうと、配管に穴が空いてしまい使い物にならなくなってしまうことがあるのです。



デスケーラーは基本的に配管の中の水垢を洗浄するための洗浄剤ですが、その成分には様々なものがあり、汚れの原因や用途によって使い分けることが必要になります。最近ではメンテナンスのしやすさを考え樹脂製の配管を利用することも多いのですが、デスケーラーはその成分によっては樹脂の表面を侵食してしまう性質を持っているものもあるほか、サビを除去するタイプのものは金属の表面も腐食してしまう危険性もあるため、その種類をしっかりと見極めて用途に合わせて利用することが必要です。

水垢の原因は冷却水の中に含まれるカルシウムが配管の内部に付着したものであるため、水垢だけを除去するデスケーラーはカルシウム成分を分解するものがよく利用されています。



この場合には配管の内部を腐食することなく利用できますが、その他の汚れについては除去することができないため、様々な成分を含有しているものを使用することが必要です。

ただしその際には配管の腐食等を避けるために使用している配管の材料や状況などを十分に確認し適正なデスケーラーを使用することが大切です。